BMアクセラにシートカバー(クラッツィオ「ネオ」)を取り付けたのでご紹介

clazzio-neo

BMアクセラスポーツの購入を決めた時から、「ちゃんとしたシートカバー」を取り付けたいと思っていました。

そして私が選んだのはクラッツィオ「ネオ」です。

今回はその理由や実際の使用感をご紹介したいと思います。

私のこのサイトは、アクセラスポーツを新車で購入した体験をきっかけとして、その時の状況や今乗っていて良いと感じた事や少し残念だったことを、レビュー感覚でご紹介しています。

当サイト管理人のtakumiと申します。

クラッツィオ「ネオ」について、以下の項目で書いておりますので、シートカバーを検討されている方は参考にしてください。

クラッツィオのシートカバーの購入を決めた理由とは?

クラッツィオのシートカバーの取り付けはたいへん?時間はどれぐらいかかるのか?

クラッツィオ「ネオ」のレビュー。実際の質感、座り心地、蒸れ具合はどうなのか?

私は思っていた以上に良い買い物をしたと、満足しています。

 

クラッツィオのシートカバーの購入を決めた理由とは?

clazzioneo-001

私のアクセラは、ハッチバックのアクセラスポーツ15Sプロアクティブです。

Lパッケージはレザーシートが標準で付いていますが、プロアクティブのシートはファブリック(布)です。

私はアクセラの購入を検討する時から、

「車を、汚れを気にするような神経質な使い方はしたくないけど、純正のシートは綺麗なままにしておきたい」

と思っていましたので、プロアクティブはシートカバーを着けられない本革シートではなく、ファブリックシートだったので都合が良かったのです。

クラッツィオのシートカバーは適合車種が多く、口コミもたくさん

車種別にオーダーできるシートカバーを購入するのは今回が初めてです。

知識、情報ゼロの状態からネット検索で探し始めたのですが、ちょっと検索すると、いくつかのメーカーが出てきました。

Clazzio(クラッツィオ)や、Refinad(レフィナード)や、Belleza(ベレッツァ)などなど・・・

その中でも情報が多く、口コミも多く、そしてホームページ(ウェブサイト)も見やすいのがクラッツィオでした。

今はもう何でも思いついたらネットで探す時代、ホームページの見やすさというのも本当に大事なポイントですね。

もちろん、私にとって一番見やすかったという個人的感覚によるものですが、実際クラッツィオは大人気のようですので、ゼロから探す私には安心感もあり、これに決めました。

一番の決め手は、クラッツィオのシートカバーの適合車種に私のアクセラスポーツ(運転席パワーシート、一列目シートヒーター付き)があったことですが、他を見ると、パワーシートやシートヒーター付きの車に対応していないメーカーが意外とあるんですよね。

シートカバーを購入する時は、自分の車の年式や型式、グレードやオプション追加後の仕様に適合した商品を間違いなく選ぶよう、注意しないといけません。

時々、失敗談も見聞きします。

クラッツィオ「ネオ」は汚れを気にせず、汚れても手入れが簡単

クラッツィオのシートカバーにもいろいろな種類があります。

私が選んだのは「ネオ」。

ソフトBio PVC素材で見た目はレザーのような高級感があり、汚れてもさっと拭くだけという手軽さに惹かれてこれにしました。

このようなレザー調のシートカバーの口コミを見ると、夏場の蒸れを気にして座面や背もたれがメッシュ生地になっているものや、パンチング(穴あき)加工されたものを選ぶ方も多いですが、

私は汚れを気にせず、汚れても表面をさっと拭くだけという実用性と手軽さを優先したかったので、表面がメッシュやパンチング加工の無い「ネオ」にしました。

仕事用のデスクの椅子はメッシュ生地のを使っているのですが、結構、メッシュの中にゴミが挟まってなかなか取れないんですよね。

シートカバーの口コミの「蒸れ」は少し心配しましたが、実際は全然気になりません。(後でもう少し書きます)

クラッツィオ「ネオ」は価格もリーズナブル

クラッツィオのシートカバーは種類が豊富です。

ざっと見てみると(2017年10月現在)

  • ハイクオリティーシリーズ
  • プライムシリーズ
  • コンフォートシリーズ
  • スタイリッシュシリーズ
  • ベーシックシリーズ
  • プレステージセダンシリーズ
  • カスタムオーダー

と展開されており、「ネオ」はコンフォートシリーズの中のひとつとなります。

コンフォートシリーズが多分一番の売れ線になるのだと思います。

「ネオ」の価格は2列シート車一台分で25,000円。(定価・税抜)

どうでしょう?車種ごとに設定されたシートカバーの中では手の出しやすい、リーズナブルな価格帯だと思いますが。

「コンフォートシリーズ」の中にも、「ネオ」の他に「ジャッカ」、「クロス」、「エアー」、「クール」、「ネオプラス」とありますが、「ネオ」はシリーズの中で一番低価格です。

私は実際に購入して毎日シートを見て触って座っているわけですが、このクオリティで25,000円は安い!と思ってます。

もちろんシートカバーに25,000円なんて、と高く感じる方もいると思いますけど、

1列目の背もたれ×2、座面×2、ヘッドレスト×2、センターアームレスト×1

2列目の背もたれ×2(6:4分割)、座面×1、ヘッドレスト×3、センターアームレスト×1

のパーツ合計14個分で25,000円。

ざっくりですがパーツ1個あたり約1,790円、と考えると、いやいやこのクオリティでこの値段、お安いのではないでしょうか。

それでは写真も交えてご紹介します。

 

クラッツィオのシートカバーの取り付けはたいへん?時間はどれぐらいかかるのか?

私がクラッツィオの「ネオ」をネットで注文したのは、アクセラを注文した時とほぼ同時でした。

アクセラの納車は注文から約1ヶ月半、

クラッツィオのシートカバーが届いたのは注文してから約2ヶ月後でした。

納車前に届いたらいいなと思っていましたが、納期は結構かかりましたね。

取り付けは大変?実際にかかった時間は?

取り付けについての口コミを見ると、これは結構たいへんなようだと思いました。

「3時間かかった!」とか「半日かかった!」とか「指先が痛い!」とか。

私は、ディーラーの担当者に、

「シートカバーが来たら着けるのお願いね!」

とほとんど強引に(笑)頼んでいましたので、持ち込みました。

 

その前にまず、宅配便で届いた箱です。大きいです。
大きさをお伝えしようとビーサンを置きましたがイマイチ分かりませんね^_^;

clazzioneo-002

 

 

箱を開けると、シートカバー、車種別の説明書、取り付ける時の補助用のヘラ、
カバーを着けやすくするためのビニール(使いませんでしたけど)
が入っています。

clazzioneo-003

 

 

ディーラーに持ち込む前に、匂いを解放しようととりあえず1日陰干ししました。
ただし、気になるほどの匂い(レザーやビニール臭)はなかったです。
納車には間に合わなかったので急がなくてもいいや、と思ってのとりあえずです。

clazzioneo-004

 

 

その後、ディーラーに持ち込んで作業開始です。
もちろん私も手伝います。少しだけ(笑)
ヘッドレストは簡単簡単・・・

clazzioneo-005

 

 

シート本体や、座面を外す必要のある後部座席になると結構な重労働です。
ディーラーの担当者さん、汗だくです。(取り付けは7月の暑い日でした)
ありがとうございましたm(__)m

clazzioneo-006

 

 

座面を外すのは担当者でも難しく、ここはメカニックの人にやってもらいました。
コツが要りますね。自分でやってしまう方、尊敬します。

clazzioneo-007

 

2人がかりで作業をして(ほとんど担当者ですけど笑)かかった時間は、約2時間でした。

取り付けは難しいかどうかよりも(難易度が高い訳ではないので)、1人よりも2人でやるほうが断然ラクですね。女性でもできないことはありませんが、ある程度力も要る作業なので、キツイかもしれません。

ディーラーの担当者さん、ありがとうございました。

 

クラッツィオ「ネオ」のレビュー。実際の質感、座り心地、蒸れ具合はどうなのか?

それではビフォー&アフターをご覧ください。

 

前席(ビフォー)

clazzioneo-008

 

前席(アフター)

clazzioneo-009

 

 

後部座席(ビフォー)

clazzioneo-010

 

後部座席(アフター)

clazzioneo-011

 

 

後ろから

clazzioneo-015

 

いかがでしょう?

写真だと伝わりにくいところもありますが、まずは見た目の高級感にびっくりしました!

アクセラの元々のファブリックシートも決して悪くなく、むしろデザインや仕上げが良くてそれなりに高級感もあり、シートカバーで隠すのはもったいないかな?とも思うほどでしたが・・・

クラッツィオのシートカバーの高級感は、ぱっと見本革シートにしか見えないそれです。

実際、友達や知人は、シートカバーを着けていると言わなければ、純正のレザーシートだとみんな思うようです。

やりますな、クラッツィオ。

クラッツィオ「ネオ」の質感、座り心地はとても良い。蒸れも大丈夫。しかし注意点も!

もともと、純正のシートは綺麗なままでしておきたい、でも汚れを気にしながら車に乗るのはイヤ、見た目も良く、実用的なシートカバーが欲しい、と思って購入したクラッツィオ「ネオ」です。

着けてみて、使ってみた結果、

  • PVCの見た目がレザーの高級感を出していてとても良い。
  • しっとりとした手触りと、クッション性があって座り心地がとても良い。
  • 目的通り、掃除がラク。汚れてもさっと拭くだけでピカピカ。
  • 心配した蒸れも、2017年の真夏を不快感無く乗りきったので大丈夫。

という感想です。

蒸れについては、エアコンで普通にクリアできます(笑)

思っていた以上に満足です。

 

でも、着けた直後に感じた違和感もありましたので、ご紹介しておきます。

※とは言え、すぐに慣れて、その時感じた違和感はすっかり忘れて快適に使っています。

着けた直後に感じた違和感は、

 

思っていたよりもぴったりフィットではなかった。

いや、もっとボディコンと言いますか、ウェットスーツのようなピチーっとした仕上がりなのかな?と思っていたのです。

でも実際は思っていたよりも厚みがあって、全部の席に着けるとカラーがブラックということもあって圧迫感を感じました。

(すぐに慣れて気にならなくなりましたけど)

純正ファブリックシートの細かな凹凸も思っていたよりも覆われてしまって(特に座面)、お姉さんのボディコンではなく、細マッチョくんが太ってもう少しマッチョになった、という感じです(笑)

 

座面の厚みが、シートポジションに影響する。

これは、アクセラのパワーシートの座面の高さを、シートカバー無しの状態で一番低くに設定している場合に影響します。

シートカバーの座面(と背もたれのセンター部分)には厚さ10mmのスポンジが入っていて、このクッションが座り心地の良さになっているのですが、装着後に座ってみた時、かなりの高さの変化を感じました。

私は現在、シートカバーを着けた状態で座面を一番低い位置にしているのが好みのベストポジションです。(目線はかなり低いです。これが好きなので。)

もし、シートカバー無しの状態で座面が一番低い位置がベストの方には、高くなってしまうので違和感があるかもしれません。

ここは注意点だと思いました。

 

以上、アクセラスポーツに着けたクラッツィオのシートカバー「ネオ」について、レビューしましたが、

私と同じような目的で購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

私は満足してます!

 

なお、

アクセラスポーツ
  • 年式:平成28年(2016年)7月~
  • 型式:BM5FS / BM5AS / BMLFS / BM2FS / BM2AS
  • グレード:15S PROACTIVE / 15XD PROACTIVE / 22XD PROACTIVE
  • ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ(オプション)装着車
    →運転席パワーシート・1列目シートヒーター付き

※22XD PROACTIVE はコンソール用カバー無し

※本革シート車は適合不可!

に当てはまる方はこちら↓【商品番号 EZ-0707

 

 

アクセラスポーツ
  • 年式:平成25年(2013年)12月~
  • 型式:BM5FS / BM5AS / BMEFS / BMLFS / BM2FS / BM2AS
  • グレード:15C / 15S / 15Sツーリング / 20S / 20Sツーリング
    15S PROACTIVE / 15XD / 15XD PROACTIVE
    22XD PROACTIVE
※22XD PROACTIVE はコンソール用カバー無し
※本革シート車は適合不可!
※ドライビング・ポジション・サポート・パッケージ(オプション)装着車
→運転席パワーシート・1列目シートヒーター付き車は適合不可!

に当てはまる方はこちら↓【商品番号 EZ-0704

 

となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

BMアクセラのオプションレビューはこちらの記事もご覧ください。

アクセラのオプション、おすすめや必須などパーツごとにご紹介します

BMアクセラの純正スマホホルダー(カップフォンホルダー)が優秀!

【アクセラスポーツ】マツダスピードエアロは擦るのか?地上高は?

この記事が気に入ったらシェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です